FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新会場

10 0ct. 2013

宮司先生の移動にともない合奏会場が変更となって2ヶ月。笙のお稽古も三カ所に分散となりました。公共施設とライブハウスとお寺さん。幸にして、いずれも難波にあります。

そのお寺さんというのがとってもユニークで、繁華街のビルの一階にあるのですが、ご住職が毎日護摩を焚いておられます。読経の声もとても素敵で、笙の唱歌と混ざり合い、いいかんじです。ついにはホラ貝まで吹いてしまわれるので、私も耐えきれず、大切な生徒さんを置き去りにして見に行って、写真まで撮ってしまいました。

P1000139_convert_20131010154732.jpg

先だってはすぐ近くのトリイホールの前の弁天様のおまつりで奏楽に参加させていただきました。

P1000292_convert_20131010154847.jpg

何しろ、食い倒れのまちであります。お稽古の帰りに寄りたいお店がいっぱい。

ご住職は来年フランスで日野皓正さんとも共演されるほどの声明の腕前。

このあたりは昔、刑場や焼き場があったとのことで、土地の鎮魂のためにも熱心に護摩を焚いておられます。

P1000298_convert_20131010154929.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。