FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽部

17 Apr. 2010

造幣局の桜の通り抜けの季節だというのに、どうして冬の寒さなのでしょうか。昨日、冷たい雨の中、楽部の演奏会に行ってまいりました。今回の演目は、

管絃 壱越調音取、賀殿急
   朗詠 泰山、武徳楽
舞楽 北庭楽、胡飲酒破
   敷手

国立の神楽歌の公演には行ったのですが、春の演奏会、ほんとうに久しぶりです。いまだに、私の浦島太郎状態は続いています。配役を見ても、楽家のかたが少ないので、びっくりしてしまいます。だからこそ、「楽家類聚」が出版されたのでしょうか。久しぶりの皇居での楽部、優雅で落ち着いた楽と思いました。

せっかくの東京なので、あちこちを散策。笙資料コレクターとしては、手ぶらで帰るわけにはいきません。古本屋で「亀滋楽舞壁画」なる写真集を購入。300円。美本。

楽部

楽器をかかえた飛天がいっぱい。「伎楽菩薩」は「Musician Bodhisattva」なんだそうです。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。