FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正倉院展

25 0ct. 2010

今年も、正倉院展に行ってきました。今回の目玉は、何といっても螺鈿紫檀五絃琵琶と、伎楽関連ですね。本日は雨模様。オータムレイトで入場したし、少しはすいているだろうと思ったのですが、甘かった。

琵琶の回りは、大変な人だかり。銀行のATMの前みたいに長蛇の列ができていて、最前列で見たければ、かなりの時間がかかりそう。こんな正倉院展ははじめてです。3年前の竽は、じっくりと見れたんだけどなあ。

最前列で見るのは、きれいさっぱり断念して、宮内庁が調査したときの音源が流れていたので、それを聴くことに。芝先生のお父様のお声、そして、琵琶のくっきりとした音色を聴きながら、少し離れて五絃を見る。これは贅沢でしょう。

有料の音声ガイドでは、天理大学雅楽部の伎楽も聴くことができました。なんときれいな笛の音。

「女舞接腰」という、装束(脚覆い)もありました。女舞というのは、唐散楽の演目の一つだったとか。今回の展示は、東大寺の大仏開眼会に関するものが多かったように思います。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。