FC2ブログ

葫芦鈔

未央舎

-
29 July 2013もう1ヶ月も前のことになってしまいましたが、先生を関西にお招きして、琴・笙・右舞・合奏のお稽古をつけていただく幸運に恵まれました。先生に最後に笙を習ったのが96年でしたから、実に17年ぶりに教えていただいたことになります。以前と少しも変わらない大部分と、ほんの少しの変わった部分。変わらないところは普遍的なのでしょうが、変わったところは、楽部もほんの少しずつ、変わっていく部分もあるのだなあと...